シミ くすみ 美白 化粧品 サプリ の情報 口コミ ランキング

シミ・くすみ・紫外線・美白に関する口コミまとめ

シミ 美白 の基礎知識

洗顔 方法 を変えれば美白が手に入る?顔の洗い方 正しいのはどんな方法なのか教えて!

投稿日:

洗顔 方法 を変えれば美白が手に入る?顔の洗い方 正しいのはどんな方法なのか教えて!

美白 洗顔

「白い肌は七難隠す」という言葉もあるほど、シミやそばかすのない美しい肌は、昔からたくさんの女性が憧れてきたものです。

スキンケアアイテムの選択肢も増えた現代では、美白用の基礎化粧品が各メーカー、ブランドから数え切れないほど発売されています。

美白をするなら化粧水や美容液を使うのが一般的ですが、洗顔を行うことでも美白を可能にすることができるという話があります。

それは一体どういうことなのか…気になりますよね。

この記事では美白と洗顔方法の関係について解説していきますので、気になる方は要チェックです!

 

 

洗顔をする理由

そもそも、なぜ私たちは洗顔料を使って顔を洗うのでしょう。

その答えは、目には見えない微細な汚れや皮脂、メイク汚れ、不要な角質を洗い流すため、です。

これらの汚れを放っておくと、毛穴の詰まり、ニキビといったトラブルへとつながります。

そして、洗顔を行うことでこれらの汚れが落とされ、化粧水をはじめとするスキンケアアイテムの浸透がスムーズに行われるようになる効果も得られます。

 

白肌の天敵は肌のくすみ

肌がくすんでしまうと、顔色が暗くなったような印象を受けることがあります。

逆にしっかりと美白ができている肌は、顔色が明るくなり、ワントーン明るくなった、と感じるでしょう。

 

肌のくすみの原因となるのは、以下のようなことです。

ターンオーバーが乱れている

肌は新しい細胞に生まれ変わるために、ターンオーバーという活動を行っています。

しかし、ターンオーバーは乾燥、ストレス、睡眠不足、年齢といったことが原因となり、正常に行われなくなることがあります。

すると、角質が肌の上に堆積してくすみ、黒ずみといった肌悩みを引き起こします。

 

メラニンが色素沈着している

直射日光を浴びる、間違ったスキンケアをしている、という場合にも肌のくすみは生じます。

この原因となるのが、シミのものとになるメラニンです。

メラニンは肌を守るためのもので、通常であればターンオーバーで排出されていきます。

しかし、過剰に生成されたメラニンが色素沈着してしまうとくすみ、黒ずみへと変わります。

 

血行が悪い

冷え性、疲労やストレスの蓄積が原因になり、血行不良になってしまいます。

血行が悪くなっていると、肌のトーンも下がって見えることがあります。

 

 

洗顔料の種類と特徴

洗顔料には固形かクリームか、粉末かなど様々な形態があります。それぞれに特徴がありますので紹介します

 

洗顔石鹸

美白 洗顔石鹸

固形タイプの石鹸を泡立てて使う洗顔石鹸は、界面活性剤が使用されていないため、肌に優しいものを使いたいという方に愛用者が多いようです。

ただし、洗顔のたびに石鹸を泡立てなければいけないため、それを手間に感じる方もおられるかもしれません。

注意ポイント

刺激が少ないのですが、洗い上がりがさっぱりとしているため、乾燥肌の方には向いていません。

 

洗顔フォーム

最も知名度が高い洗顔料が、洗顔フォームではないでしょうか。

ドラッグストアではワンコイン以下というお値段で販売されているものも多数あります。

アイテムによって保湿成分配合、スクラブ配合などの特徴がありますので、自分に合ったものを探す楽しみもありますね。

 

洗顔パウダー

こちらは、粉末の洗顔料にぬるま湯や水を加えて泡立てて使います。

防腐剤などの添加物を使用していないものが多いので、安心して使用できるものを求める方におすすめです。

 

洗顔ジェル

ジェルタイプの洗顔料は泡立てる必要がありません。

また、ジェルそのものに弾力があるため、肌を強くこすることも少なくできますので、肌を刺激したくない方に向いています。

注意ポイント

しかし、洗浄力は少し弱いものもありますので脂性肌の方には物足りないかもしれません。

 

 

美白のために働く美容成分

美白のために働く美容成分について知っておきましょう。

 

メラニンと結合する酵素の働きを阻害する成分

シミやそばかすのもとになるのはメラニンという色素なのですが、メラニンに色を付ける酵素というものが存在します。

それが、チロシナーゼという酵素です。

チロシナーゼと結合できなければメラニンは黒く変化しません。

チロシナーゼの働きを阻害する力を持つ「コウジ酸」「トラネキサム酸」「ルシノール」を使ってシミを防ぎましょう。

 

ターンオーバーを促進する成分

生成されたメラニンをターンオーバーできちんと排出できていれば、シミやそばかす、くすみが現れる可能性をグッと低くすることができます。

そのためには、ターンオーバーのリズムを乱さないようにする必要があります。

そのために効果的なのが「プラセンタエキス」「4MSK」「エナジーシグナルAMP」です。

肌荒れ、乾燥といったことが気になる場合、ターンオーバーが乱れている可能性がありますので、スキンケアにこれらの成分を使ってみるのがおすすめです。

 

シミそのものにアプローチする成分

シミができてしまうと、その色を消していくためには長い時間が必要になります。

しかし、諦めずにケアを続けていけばシミを薄くすることができます。

メラニンの色を還元して色を薄くすることができるのは「ビタミンC誘導体」「エラグ酸」「4MSK」ですので、積極的に使っていきましょう。

 

 

美白を叶えるための洗顔方法

洗顔方法

美白を叶えるための洗顔方法を紹介します。美白の為というよりは洗顔の基本となりますので、どんな洗顔料を使用してもこの手順が基本となります

 

基本の洗顔

1.手を洗って汚れや埃を落とす

2.ぬるま湯で顔をさっと洗う

3.洗顔料をしっかりと泡立てる

4.額から鼻にかけてのTゾーンを洗う

5.その後顔全体に泡を広げて、小さな円を描きながら洗っていく

6.ぬるま湯で泡を丁寧にすすぐ

7.タオルを使って肌を押さえ、水分を取る

8.時間をおかずにスキンケアを開始する

これが基本的な洗顔方法です。

 

なかでも大切なのは、洗顔料をしっかり泡立ててきめ細やかな泡を作ることです。

泡が小さく細やかであれば、毛穴の汚れや老廃物をしっかりと落とすことができますし、肌を擦ることも少なくなります。

目安としては、レモンサイズになるまで泡立て、手をひっくり返してみてもそのままの状態を維持できれば泡の密度が高いというサインです。

洗顔ネットを使えば簡単に泡立てられますので、使ったことがない方は使ってみましょう。

また、時間を節約したい場合は、泡が出てくるタイプの洗顔料を選ぶのもおすすめです。

 

 

美肌を作るためのポイント

美肌を作るための洗顔のポイントについて知っておいてください

 

熱いお湯は使わない

お湯の温度が40度を超えると、洗顔をするには熱くなりすぎです。

お湯の温度が高すぎると皮脂を洗い流しすぎてしまい、乾燥を招いてしまいますので注意が必要です。

洗顔の際のお湯は、30度から38度程度が適温です。

 

力を入れて洗わない

汚れを落とそうとするとつい力が入ってしまいますが、泡の密度が高ければ泡を肌の上で滑らせていくだけで汚れを落とすことができます。

顔と手の間の泡のクッションで優しく包み込みながら洗いましょう。

このとき、時間をかけすぎると乾燥の原因になりますので注意してください。

 

30回以上すすぐ

せっかく丁寧に洗えても、すすぎが不十分だと思わぬトラブルの原因になります。

生え際や首回りなどまでしっかりと洗ってください。

シャワーを使えば一気に泡を落とすことができますが、水流の強さが肌ストレスにつながりますので止めましょう

 

1日に何度も洗顔をしない

肌を洗いすぎると、皮脂が落とされて乾燥、肌荒れといったトラブルを引き起こします。

洗顔を行うのは、朝と夜の2回だけにしましょう

 

 

美白を手に入れるためには洗顔も重要!

スキンケアの効果を高めるためにも、正しく洗顔を行う習慣をつけましょう。

美白成分配合の洗顔料を使えば、洗顔を行うことで白い肌を作るようアプローチすることができます。
美白成分が配合されていない洗顔料を使っても正しい洗顔方法で顔を洗えば美白効果が得られます。

洗顔方法は一度覚えてしまえば簡単ですので、今日の洗顔から実践してみてください。

 

美白 洗顔
美白 洗顔 人気 おすすめ ランキング 洗顔フォーム 洗顔料による美白効果は?

美白 洗顔 人気 おすすめ ランキング 洗顔フォーム 洗顔料による美白効果は? 美白したいなら洗顔から!おすすめの洗顔料で正しく顔を洗おう シミやくすみのない白い肌は若々しく、美しい肌という印象を与え ...

 

 

 

 

-シミ 美白 の基礎知識
-, ,

Copyright© シミ くすみ 美白 化粧品 サプリ の情報 口コミ ランキング , 2018 All Rights Reserved.