シミ くすみ 美白 化粧品 サプリ の情報 口コミ ランキング

シミ・くすみ・紫外線・美白に関する口コミまとめ

シミ 美白 の基礎知識

美白になる方法 白い肌を手にれるためのスキンケアと食生活の基礎知識

更新日:

美白になる方法 憧れの白い肌を手にれるためのスキンケアと食生活の基礎知識
美白になるための方法

シミ、くすみのない透明感のある白い肌…どうすればそんな肌が手に入るのか。

美白になる為のスキンケアアイテムやケア方法に試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか?

美白になる方法を手あたり次第に試す前に、まずは美しい白い肌を手に入れるための基本的な知識を覚えておきましょう

美白になる方法は簡単なことも多いので試してみて下さい

 
 

美白を実現するためのスキンケア

美白を実現するためにはスキンケアの知識は簡単な基本部分だけでも持っておいた方が良いです

 

なによりも大切なのは肌のターンオーバー

美白を実現するためになによりも大切なのは肌のターンオーバーです。

美容に関心の高い方なら、みなさんご存知でしょう、ターンオーバー。

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは、肌の細胞が古いものから新しいものへと生まれ変わっていくサイクルです。

ターンオーバーがきちんと行われると、古い角質や生成されたメラニン色素が排出されていきますので、シミやくすみになりにくくなります。

逆に、お肌のターンオーバーがきちんと行われないと、シミやくすみの原因になってしまいます。

 

角質層の健康が肌の美しさに大きく関わっている

肌の表面にある皮膚の層を角質層と呼びます。

皮膚の構造

角質層(かくしつそう)では、セラミドなどの保水成分が肌の表面に薄い膜を張って、肌を外的刺激からガードしています。

肌を外的刺激からガードするの力が弱まり、角質層が乱れてしまうと、肌内部にある水分が蒸発しやすくなり、潤いが逃げやすくなってしまいますし、紫外線にも弱い状態となってしまいます

また、ターンオーバーのサイクルも乱れてしまい肌荒れが悪化しやすくなりますので、セラミドなどの保水成分が配合されたスキンケアを行うのが良いでしょう。

 

肌を支える真皮層のケアも忘れずに

「角質層(かくしつそう)」は肌のうるおいを閉じ込めたり、紫外線からガードする働きがありますが、角質層(かくしつそう)だけでなく内側の「真皮層(しんぴそう)」にも大きな役割があります。

「真皮層(しんぴそう)」とは、肌の内部にある層のことです。

「真皮層(しんぴそう)」には肌の弾力を維持するためのコラーゲン、保水能力の高いヒアルロン酸、コラーゲンを結ぶエラスチンという3つの成分が肌を支え、肌のハリ、ツヤ、弾力を維持しています。

しかし、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった3つの成分は年齢を重ねるとともに減少してしまいます。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが減少すると、肌の保水力が低下します。肌が乾くと紫外線の影響を受けやすくなりますので、肌の「真皮層(しんぴそう)」にたっぷり潤いを保持することは透明感のある肌作りには欠かせません。

しかし、年齢を重ねるとともに減少してしまうコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを補うため、スキンケアやサプリメントを使って、肌にコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを与えるようにしましょう

 

 

美白を実現するための紫外線対策

日差しが強い

紫外線対策は美白には避けて通れません。紫外線を浴びないようにする努力はもちろん必要ですが、紫外線を浴びてもダメージが受けにくい肌を保つ努力も大切です。

 

紫外線を浴びても大丈夫な対策を取ろう

まず行っておきたいのは、日焼け止め、帽子といった物理的な対策です。

紫外線は、夏だけじゃなく、一年じゅう降り注いでいますので、常に気を付けておきたいですね。

 

日焼け止め

最も多くの方が取り入れている紫外線対策というのは、日焼け止め(ひやけどめ)ではないでしょうか。

日焼け止め(ひやけどめ)にはSPFとPAという数値が表示されていますが、これは紫外線から肌を守る目安となります。

この数値が大きければ大きいほど、日焼けを防止する時間が長くなりますが、そのぶん肌に対する刺激や負担が強くなりますので注意しましょう。

通勤通学の間にしか陽射しを浴びない、という場合はSPF20から30程度で問題ありません。

SPF50のものはリゾート地や1日屋外に居る日に使うのがおすすめです。

また、汗をかいたりタオルで拭ったりすると日焼け止めは落ちますので、塗り直しを行う必要があります

日焼け止めを塗り直すためにメイクを一度落とすというのは現実的ではありませんので、スプレータイプの日焼け止めを使ってメイクの上から使う、日焼け止め効果を持つパウダーを使ってメイクを直すようにしましょう。

 

飲む日焼け止め 日焼け止めサプリ

2016年ころから日本でも一般的に利用されることが増えてきた内側からの紫外線対策が「飲む日焼け止め」です

「飲む日焼け止め」「日焼け止めサプリ」は「紫外線から肌を守る役割」と「紫外線ブロックによって不足しがちなビタミンを補給する役割」をサポートする成分が配合されていることが多く、紫外線から肌を守り紫外線のがメージを受けにくくする効果が期待できるサプリメントです

「飲む日焼け止め」「日焼け止めサプリ」に配合されている成分はいくつか代表的なものがあります

Nutrox Sun(R)(ニュートロックス・サン)

Fernblock(R)(フェーンブロック)

これら2つが代表的なせいぶんですが、それ以外にも「フラバンジェノール」「PLエキス」「ルテイン」「クロセチン」などの成分も使用されることがあります

 

 

美白を実現するための生活習慣

美白を実現するための生活習慣としては、睡眠、ストレス、腸内環境を整える、食事を気を付けるなどの方法があります。手軽に変えられる簡単な美白になる方法として、知っておいてください

睡眠時間を確保する

社会人になると自分の思うような生活リズムで暮らすのが難しいこともあります。

だからといって睡眠時間を削ってしまうと、肌だけでなく健康にも悪影響を及ぼしてしまいます

私たちの体は眠っている間に身体の機能を修復させたり、ストレスを解消させたりしています。

心と体の健康を維持するためにも、良質な睡眠をとることが大切です。

睡眠時間は個人差がありますが、7時間から8時間程度眠ることが推奨されています。

また、毎日同じ時間に寝る、起床するということを心掛ければ、生活リズムも崩れにくくなります。

睡眠の質を高めるためには、

ポイント

眠る寸前までPCやスマートフォンを使わない
寝具を心地良いと感じるものに変える
眠る前にアロマを使って気持ちをリラックスさせる
部屋着ではなくパジャマを着る

といったことを行ってください。

 

ストレスを溜め込まない

ストレスを感じない方というのはおられないと思います。

しかし、ストレスを溜め込んでしまうと、血管の収縮や免疫機能の低下、男性ホルモンの分泌量が増えるという指摘もあります。

そして、ターンオーバーが正常に行われなくなり、肌荒れやメラニンの過剰生成へとつながってしまうおそれがあります。

「ストレスなんて発散してもすぐに溜まるから」と思わずに、自分の好きなことに没頭する時間を作ったり、体を動かしたりしてストレスを発散しましょう。

特別なことをするのではなく、カラオケ、半身浴、ウォーキングなど、自分の好きなことでストレスを解消するのがおすすめです。

 

腸内環境の乱れを改善する

腸内環境が乱れていると、老廃物を溜め込んでしまい、血行が滞ってしまいます。

腸の中にたまった老廃物から発生する有害物質は、血管を通って全身へと運ばれ、毛穴から外に出ていこうとして、ニキビなどの肌トラブルとして現れます。

腸内環境を整えておくことが美肌、美白へとつながります

腸内環境は血行にも関係していますので、肌の美しさを維持するために必要な栄養素をきちんと届けるためにも大切なポイントと言えるでしょう。

 

食べ物からも紫外線対策をしよう

紫外線対策になる食べ物とは、ビタミンCを含む食べ物のことです。

しかし、ソラレンという成分が入っていると日焼けしやすくなってしまいます。

なので、ソラレンを含まないブロッコリー、小松菜、赤ピーマン(パプリカ)、イチゴ、レモン、キウイがおすすめです。

ただし、食べ物から十分な量のビタミンCを摂取するのは大変ですので、サプリメントを活用するのも良いでしょう

 

 

美白を実現するために摂取しておきたい成分

美白を実現するために摂取しておきたい成分はいろいろありますが、1つの成分に偏ることなく様々な成分をバランスよく摂取することが大事です。

 

ビタミンを摂取する

美しい肌をつくるための栄養素として、真っ先に思い浮かべるのは、ビタミンではないでしょうか。

ビタミン類は野菜、肉類、果物に含まれていますので、食生活のなかに取り入れやすい栄養素でもあります。

 

ビタミンC

ビタミンのなかでも、とくにビタミンCが肌のために働く栄養素として有名ですよね。

ビタミンCには、アンチエイジング効果が期待できる抗酸化作用があることが知られていますが、メラニン色素の生成を抑制する力もあると言われています。

メラニン色素はシミの原因になるものですが、ビタミンCの働きでその生成を抑えることが可能になるそうです。

 

ビタミンE

ビタミンEには、アンチエイジング効果とともにメラニン色素の定着を防ぐ効果があります。

そして抗酸化作用も持っていますので、美白効果も高いと言われています。

アボカド、アーモンドといった良質な油分を豊富に含む食品、大豆、小麦製品からも摂取できます。

 

ビタミンB群

肌のターンオーバーを促す効果が期待できるのが、ビタミンB群です。

健康な肌を作る効果もありますので、肉類、ほうれん草、牛乳、ナッツ類を積極的に食べるようにするのがおすすめです。

 

リコピンを摂取する

トマト リコピン

リコピンはトマトに豊富に含まれている栄養素で、メラニン色素の生成を抑制する力を持っています。

肌を支えるコラーゲンの生成、角質層を健康に保つといった効果もありますので、トマトをそのまま食べるだけでなく、トマト加工食品やジュースを飲むようにしましょう。

 

 

美白を実現するためにしておきたいことはたくさんある!

ポイント

美白を実現するためにしておきたいことは多方面にあります。

スキンケアだけでなく、生活習慣、食生活といった点からもアプローチしていけば、より効率的に美白を行うことができます。

ここで紹介した方法はどれも実践しやすい簡単なことばかりですので、美白になるための方法をぜひ覚えておきましょう。

 

 

 

 

-シミ 美白 の基礎知識
-, , , ,

Copyright© シミ くすみ 美白 化粧品 サプリ の情報 口コミ ランキング , 2018 All Rights Reserved.